「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督

勝負にこだわりながらも、教育者としての立場を優先し、人を育てることにこだわり続けたからこそ、星稜高校の山下智茂監督は、「人格者」と称されるのだろう。

“「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「一人一人の限界は違うけど、限界の限界をいかに伸ばしてやるかが大事」/ 星稜 山下智茂監督

数々の名勝負を繰り広げながらも、後一歩のところで敗れていることから、山下智茂前監督は、「負ける度に有名になるチーム」と自身の指揮した星稜高校を言い表す。

監督就任当時は、県内ですら無名で、専用グランドもなく、部員も9人に満たない状態であったが、どこにも負けない情熱で北陸の野球を根本から変えていった。

“「一人一人の限界は違うけど、限界の限界をいかに伸ばしてやるかが大事」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「人のやってないことをうんと多くやらないと勝てません」/ 星稜 山下智茂監督

高校野球界で長年、北陸の野球を引っ張り、平成7年と令和元年の甲子園で準優勝を成し遂げている、名門、星稜高校。

そんな星稜で、 38年間指揮を執っていたのが、春夏合わせて25回の甲子園を経験している山下智茂監督である。

“「人のやってないことをうんと多くやらないと勝てません」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「選手が僕以上のことをやらないと日本一っていうのはない」/ 星稜 山下智茂監督

石川県と北陸の高校野球野球の歴史を作ってきた、伝統校、星稜高校。

昭和47年夏の初出場から、箕島高校との延長18回の死闘や、明徳義塾戦の5打席連続敬遠、平成7年・令和元年の夏の甲子園準優勝など、数々の名勝負や記録を残している。

そんな名門で、38年間指揮を執り、春夏合わせて25回甲子園へ導いたのが名将、山下智茂監督である。

続きを読む

「花よりも、花を咲かせる土になれ」/ 星稜 山下智茂監督

高校野球界で長年、北陸の野球を引っ張っている存在である石川県の星稜高校。

昭和47年夏の初出場から、箕島高校との延長18回の死闘や、明徳義塾戦での松井選手に対する5打席連続敬遠、平成7年の夏の甲子園準優勝など、数々の記録や記憶に残るチームである。

箕島の記事はこちら。

明徳義塾の記事はこちら。

そんな名門を38年間指揮を執っていたのが、山下智茂監督である。

続きを読む