「ご褒美や見返りがなくても一生懸命頑張れる人間になろう」/ 盛岡大附 関口清治監督

人の行動を支えるモチベーションには、憧れや好奇心といった主体的なものもあれば、見返りを貰うことを目的とした受け身のものも存在している。

もちろん、全てのことに前向きには慣れないため、苦手なことや嫌なことに取り組む上では、後者をエネルギーにすることは決して間違ったことではない。

しかし、何かしらの対価が手に入らないということを判断材料にして、取り組むことをやめたり行動を制限してしまっては、成果や成長は手に入れられない。

そんな考えから盛岡大附属を指揮している関口清治監督は、環境に左右されることなく努力ができるような人間になることを求め指導をしている。

高校野球では地区大会を勝ち上がれば、甲子園という憧れの地への出場を果たせるため、それを原動力に、選手たちは日々厳しい練習や辛い努力に励んでいる。

だが、人生では見返りやご褒美が用意されていなくても、頑張らなければならない時や取り組まなければならない場面があるとして、関口監督は対価を求めない癖をつけるよう伝えている。

そのため、野球の結果や技術の成長といった目標だけに着目するのではなく、野球を通してどのようなことを学ぶのかを3年間の目的にチーム作りを行っている。

何かを得るためにする受け身の努力ではなく、頑張ることの素晴らしさや大切さを学ぶ主体的な努力を続ける盛岡大附属の選手たちは、野球だけでなく人生の勝利者にもなるだろう。

↓関口清治監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「ご褒美や見返りがなくても一生懸命頑張れる人間になろう」/ 盛岡大附 関口清治監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です