「一人の力で日本一になれない」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

野球というスポーツでは、個人の活躍が勝利につながるため、一人ひとりがフォーカスされるケースは多い。

特に、強打者や好投手が、個人タイトル取った際には、例えゲームに負けていたとしても、周囲から注目を浴びたり賞賛される。

しかし、野球は団体競技であり、個人の結果も、チームメイトの支えなしでは、達成できないものであり、全員の力が一つにならなければ、勝利は掴めない。

そんな考えから、大阪桐蔭を指揮している、西谷浩一監督は、「全員野球」というスローガンを徹底している。

大阪桐蔭は、甲子園で活躍するようなスター選手や、プロの世界でも成果を残す名選手を幾人も輩出しているこから、個人が注目を集める。

また、中学時代に名を馳せた選手が、毎年入学していることから、個人技で勝つチームと認識されている。

だが、西谷監督は、個人の力では、日本一にはなれないとして、どんなに優れた選手が揃っていても、チーム力を優先するように促している。

そのため、大会前に個人の事情を優先する選手がいた際には、レギュラーであっても、チームのマイナスになるとして、厳しく注意をし、改善が見られなければ起用しないなど、徹底している。

どこにも負けない組織力を武器に大阪桐蔭は、これからも球史にその名を刻む活躍を見せてくれるだろう。

大阪桐蔭の記事はこちら。

【関連】履正社の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です