「やるかやらないかは結局、本人次第です」/ 履正社 岡田龍生監督

どれだけ良い練習環境が整っていても、どんなに素晴らしい指導者がいても、選手自身に意欲がなければ、上達もなければ成果も出ない。

そんな考えを持ち、選手を中心とし、自主性を重んじた、「教えない教え」をモットーに指導を行っているのは、履正社高校の岡田龍生監督である。

岡田監督は就任当初、無名の履正社を甲子園へ導きたいという情熱を前面に出した、とにかく厳しい練習で選手たちを鍛え上げ、結果を急いでいた。

しかし、指導者からの一方的でスパルタな指導は、自己満足で終わることが多く、成果にも限度があり、全国レベルのチーム相手には選手の考える力の差で負けることが多かった。

そこで、主導権を選手に渡し、自立したチームを作ることを目指し、「やらされている野球」からの脱却をスタートさせた。

最初は小さなことからではあったが、自発的に考えて努力をしたり、課題克服の方法を探す習慣は、試合でも活かされるようになり、次第に全国常連校へとまで成長した。

監督のワンマンチームから、一人一人の意識が高い選手主体のチームへと変化を遂げた履正社の野球から、今後も目が離せない。

↓岡田龍生監督の記事はこちら↓

↓山田哲人選手の記事はこちら↓

↓寺島成輝選手の記事はこちら↓

履正社高校の記事はこちら。

【関連】大阪桐蔭の記事はこちら。

【関連】PL学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です