「やるべきことをやっているからこそ得られる『普通』の人生を送ってほしい」/ 三重 小島紳監督

野球だけでなく人生においても、やるべきことをやってこそはじめて、「普通」や「一人前」と肩書きが得られるものである。

“「やるべきことをやっているからこそ得られる『普通』の人生を送ってほしい」/ 三重 小島紳監督” の続きを読む

「叱られ続け褒められた事がなかった少年たちが全国の頂点を究める球児にまで成長を遂げました」

2014年

第96回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

大阪桐蔭 (大阪府代表) × 三重 (三重県代表)
“「叱られ続け褒められた事がなかった少年たちが全国の頂点を究める球児にまで成長を遂げました」” の続きを読む

「負けても残るものはある」/ 三重 中村好治監督

三重高校の監督就任から約5ヶ月後、センバツ初戦敗退のチームを修正し、夏の甲子園決勝の舞台へとチームを導いた、中村好治前監督

短期間で結果を残せたのは、100人を超える部員が在籍していても、最後まで「全員野球」という自身のスタイルを貫いたからであろう。

“「負けても残るものはある」/ 三重 中村好治監督” の続きを読む

「甲子園にとらわれすぎると良い生徒は育たない」/ 三重 中村好治監督

1969年のセンバツ大会では優勝を、2014年の夏の甲子園では、準優勝を成し遂げた実績を持つ三重高校

チームを2014年から2017年夏まで指揮をとっていたのが、日章学園の監督として甲子園に導いた経験も持つ、中村好治監督である。

“「甲子園にとらわれすぎると良い生徒は育たない」/ 三重 中村好治監督” の続きを読む

「甲子園っていう場所は、人間を変える力がある」/ 三重 今井重太朗選手

2014年の夏の甲子園で、王者大阪桐蔭を最後まで苦しめ、堂々の準優勝を成し遂げた、三重高校

当時、甲子園での6試合全てで先発し、814球の熱投で、チームを支えていたのが、今井重太朗選手である。

“「甲子園っていう場所は、人間を変える力がある」/ 三重 今井重太朗選手” の続きを読む

「毎日、選手全員に声をかけるようにしています」/ 三重 中村好治監督

2014年に監督に就任すると、夏の甲子園では準優勝へとチームを導いた三重高校中村好治前監督

中村監督は、社会人野球の選手や監督の経験をはじめ、大学や高校での指導経験も豊富である。

そんな多くの指導や野球経験から、「選手は監督に声をかけられると嬉しいもの」という考えを持ち、監督就任後から毎日欠かさず、選手全員とコミュニケーションをとっていた。

続きを読む

「全員出して勝つ、それがいちばんです」/ 三重 中村好治監督

平成の高校野球最強と称されている、大阪桐蔭を甲子園の舞台で二度苦しめた東海を代表する名門三重高校。

2014年夏の甲子園では、決勝の舞台で1点差の接戦ゲームで、王者を最後まで苦しめた。

そんな、チームを指揮していたのが、中村好治監督

続きを読む