「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督

高校野球ができるのは僅か3年間しかなく、甲子園全国制覇のチャンスがあるのは数える程のことであり、長い人生の内のごく一部の時間である。

“「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督” の続きを読む

「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。

当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍していた来田涼斗選手である。

“「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督

目指すべゴールが一つであっても、プロセスとなる道はいくつも存在しており、どれかが正しくてどれかが間違っているということはない。

“「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督” の続きを読む

「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手

2020年の夏に行われた甲子園交流試合で、前年のセンバツの初戦と選手権の決勝に続く、三度目の星稜との対戦で勝ち越しとなる勝利を挙げた履正社高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、強肩強打の選手としてプレーでもチームを引っ張り、全国から注目を集めていた、関本勇輔選手である。

“「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手” の続きを読む

「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督

大事な場面で力を発揮できる人や結果を残せる人は、量や質が正しい鍛錬をしており、なおかつ、その努力をしてきた自分を信じているものである。

“「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督” の続きを読む

「チームが日本一になるために、しんどいことをやろう」/ 日本航空石川 菊池直哉選手

2020年の夏に行われた石川県の代替大会で、県内39連勝中であった優勝候補の星稜を敗り、優勝を成し遂げた日本航空石川

当時、主務というポジションからチームを支えたり引っ張る役割を担い、優勝に大きく貢献したのは、菊池直哉選手である。

“「チームが日本一になるために、しんどいことをやろう」/ 日本航空石川 菊池直哉選手” の続きを読む

「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督

基礎や基本ということの繰り返しは、地道で退屈なものであるため、どうしても手を抜いてしまったり、雑に済ませてしまうことは多い。

“「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者として注目を集めていた、佐々木泰選手である。

“「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督

努力は必ず報われる」という言葉があるように、頑張ったことは結果として現れなくとも、成長や経験値など何かしらの効果をもたらしてくれるものである。

“「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督” の続きを読む