「迷う前にまずは何事もやってみることから始めよう」/ 高岡商業 吉田真監督

成功するためには、挑戦するまでの準備や努力も 必要ではあるが、一歩を踏み出すことを躊躇っていては、いつまで経っても現状が変わることはない。

“「迷う前にまずは何事もやってみることから始めよう」/ 高岡商業 吉田真監督” の続きを読む

「くよくよしていても意味がない」/ 明豊 若杉晟汰選手

2019年のセンバツ大会で、強豪校や優勝候補を次々と倒し、学校史上初の甲子園ベスト4入りを果たした大分県の明豊高校。

当時2年生ながらチームの主力投手として活躍していたのは、球速以上にキレのある直球を武器に強気のピッチングを見せていた、若杉晟汰選手である。

“「くよくよしていても意味がない」/ 明豊 若杉晟汰選手” の続きを読む

「指導者は勝負と野球をごちゃ混ぜにして教えてはいけない」/ 北大津 宮崎裕也監督

高校野球の指導者は、個人の技術やチーム全体の力を成長させるために、ベースであり基礎や基本となる野球のセオリーを教えることに時間をかける。

“「指導者は勝負と野球をごちゃ混ぜにして教えてはいけない」/ 北大津 宮崎裕也監督” の続きを読む

「甲子園はうそのつけない場所」/ 明徳義塾 新地智也選手

2020年の夏に甲子園で行われた交流試合で、終盤に逆転を許すも、粘り強い反撃で最終回には見事逆転サヨナラで勝利を収めた明徳義塾高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、最速は130キロ代ながらも、持ち味の抜群の制球力を武器に全国でも躍進していた、新地智也選手である。

“「甲子園はうそのつけない場所」/ 明徳義塾 新地智也選手” の続きを読む

「易しい練習を通じて選手に『できる』という安心感を持たせる必要もある」/ 市和歌山 半田真一監督

私たち人間が成長するためには、他者を上回るような圧倒的な量と質の努力を自身に課したり、極端な環境に身を置くとが最も一般的な方法とされている。

“「易しい練習を通じて選手に『できる』という安心感を持たせる必要もある」/ 市和歌山 半田真一監督” の続きを読む

「いいことも悪いこともあるが、頑張れば誰かが見ている」/ 鳥取城北 阪上陸選手

2020年の夏に行われたセンバツ出場校による甲子園交流試合に出場し、惜しくもサヨナラで敗れも熱戦を繰り広げた鳥取城北高校。

当時、チームのエースを担っていたのは長身から投げ下ろす角度のある直球と、抜群の制球力が持ち味の阪上陸選手である。

“「いいことも悪いこともあるが、頑張れば誰かが見ている」/ 鳥取城北 阪上陸選手” の続きを読む

「感謝の言葉なしに野球はできない」/ 金足農業 嶋﨑久美監督

高校野球では試合でプレーする選手たちが脚光を浴びることが多いが、その裏には必ず控えの選手や他の部員たちのサポート助けがある。

“「感謝の言葉なしに野球はできない」/ 金足農業 嶋﨑久美監督” の続きを読む

「アウトを取られるにしても意味のある取られ方をしないといけない」/ 智弁和歌山 細川凌平選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、センバツではベスト8、選手権ではベスト16に進出した智弁和歌山高校。

当時、2年生ながらチームの中心選手として活躍していたのは、俊足好打に加え高校通算23本塁打の力強い打撃も見せていた、細川凌平選手である。

“「アウトを取られるにしても意味のある取られ方をしないといけない」/ 智弁和歌山 細川凌平選手” の続きを読む

「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督

高校野球ができるのは僅か3年間しかなく、甲子園全国制覇のチャンスがあるのは数える程のことであり、長い人生の内のごく一部の時間である。

“「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督” の続きを読む