「うまくいかない時に、色々ガミガミ言ったところで上手くいかない」/ 大分商業 渡邉正雄監督

監督というポジションを担う以上、実績を残せば残すほど、プライドやこだわりが強くなり、無意識のうちに偉そうに振舞ってしまう指導者は少なくない。

しかし、大分商業を指揮する渡邉正雄監督は、甲子園に出場するチーム作ったり、プロ野球選手を育て上げても、自身のキャリアを威張ることなく、就任当初と変わらぬ指導を続けている。

大分商業の記事はこちら。

渡邉正雄監督の記事はこちら。

渡邉監督は、選手たちを成長させることを指導のモットーとし、野球の技術に関係なく、伸ばせる部分は全て伸ばすように、サポートをする。

特に、人間性の部分は、野球をする上でも必要になる力として、嘘をつかないことや、手を抜かないことなど、当たり前をできるようにすることを野球の練習を通して伝えていく。

もちろん、監督自身も嘘や偽りのないありのままの姿で選手たちや物事に向き合わなければ、説得力がないとして、プライドやこだわりは捨て、ありのままでグラウンドに立つ。

それでも、入部したての選手や悩みを抱えている選手は、恥ずかしさや周りの目を気にして、本音を出さないことも多い。

そうなれば、選手たちの成長に欠かせないポイントを見逃したりしてしまう可能性があるとして、言動だけでなく表情の観察し、心の声を聞き逃さないようにしている。

また、結果だけで判断してしまうと、選手のやる気を奪ってしまったり、成長の妨げになってしまうこともあるため、見守ることもある。

だが、日頃の観察から、最重要点であると判断した場合には、妥協することなく、選手に想いを伝え、変化するまで辛抱強く向き合うようにしている。

人間性を高めながら、選手の成長を誰よりも喜び、誰よりも支える渡邉監督の指導こそが、大分商業の強さの秘訣なのだろう。

【関連】明豊高校の記事はこちら。

【関連】熊本工業の記事はこちら。

【関連】延岡学園の記事はこちら。

【関連】鹿児島実業の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です