「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督

高校野球ができるのは僅か3年間しかなく、甲子園全国制覇のチャンスがあるのは数える程のことであり、長い人生の内のごく一部の時間である。

“「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督” の続きを読む

「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督

目指すべゴールが一つであっても、プロセスとなる道はいくつも存在しており、どれかが正しくてどれかが間違っているということはない。

“「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督” の続きを読む

「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督

大事な場面で力を発揮できる人や結果を残せる人は、量や質が正しい鍛錬をしており、なおかつ、その努力をしてきた自分を信じているものである。

“「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督” の続きを読む

「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督

基礎や基本ということの繰り返しは、地道で退屈なものであるため、どうしても手を抜いてしまったり、雑に済ませてしまうことは多い。

“「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督” の続きを読む

「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督

努力は必ず報われる」という言葉があるように、頑張ったことは結果として現れなくとも、成長や経験値など何かしらの効果をもたらしてくれるものである。

“「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督” の続きを読む

「いくらセンスが備わっていても努力が出来なければ結果は出ません」/ 福井工大福井 田中公隆監督

人には誰しも、得意不得意や向き不向きがあるように、生まれながらにして持つセンスというものが何かしら備わっているものである。

“「いくらセンスが備わっていても努力が出来なければ結果は出ません」/ 福井工大福井 田中公隆監督” の続きを読む

「下を向かずに諦めずに努力をすることは必ず将来の自分に返ってくる」/ 日本航空石川 中村隆監督

努力というものは、しんどいことや苦しいことが多いことに加え、成果というものを保証してくれていないため、取り組んだり継続することは難しい。

“「下を向かずに諦めずに努力をすることは必ず将来の自分に返ってくる」/ 日本航空石川 中村隆監督” の続きを読む

「いつくるかわからない次のチャンスで即ミスを取り返せるほど、高校生はまだ力をもってません」/ 宇部商業 玉国光男監督

高校野球では、「プロ注目」や「逸材」と称されるような高い技術を持つ選手が存在することがあるが、あくまで高校生のため精神面では発達途上である。

“「いつくるかわからない次のチャンスで即ミスを取り返せるほど、高校生はまだ力をもってません」/ 宇部商業 玉国光男監督” の続きを読む

「子供の力を信じ、可能性を伸ばしてあげるのが監督の役目」/ 明桜 輿石重弘監督

どれだけ優れた実績を残していても、名将と称される存在であっても、試合でプレーするのは選手たちであるため、高校野球の指導者は最後は信じて見守ることしかできない。

“「子供の力を信じ、可能性を伸ばしてあげるのが監督の役目」/ 明桜 輿石重弘監督” の続きを読む