「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督

スポーツのほとんどは、勝敗や成績を競うことを目的としたルールがあるため、そういった勝負にこだわることが、何よりの面白さや楽しさとなる。

“「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督” の続きを読む

「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督

スポーツでは、優れた指導者に教わったり、名将と称される監督に采配をしてもらえば、選手たちの力を上手く引き出せてもらえるため、成長成果は得られやすくなる。

“「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「試合で1回あるかないかのプレーを追求できなければ、負けてしまう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

野球の試合では、ランナーの位置やアウトカウント、作戦のパターンなど、様々な条件によって状況は異なり、一つとして同じケースはない。

“「試合で1回あるかないかのプレーを追求できなければ、負けてしまう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督” の続きを読む

「野球というものは、強いもんが必ずしも勝つとは限らない」/ 池田 蔦文也監督

高校野球では、選手たち個々の技術の高さが高いだけでは勝利を掴めないが、チームの結束力や指導者の経験値だけが特化していても勝てないものである。

“「野球というものは、強いもんが必ずしも勝つとは限らない」/ 池田 蔦文也監督” の続きを読む

「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督

どんな分野や世界にも常識というものが存在しており、それを理解や把握をしておくことは、結果を出す上では必要なことである。

“「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「甲子園っていうのは人を変えてくれるところ」/ 星稜 山下智茂監督

球児たちにとって憧れであり夢の場所でもある聖地甲子園球場に出場した際には、想像を絶する喜びや滅多に味わえない達成感が得られる。

“「甲子園っていうのは人を変えてくれるところ」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「自分でやれる選手にならないと、上に行った時に限度がある」/ 履正社 岡田龍生監督

勉強やスポーツだけでなく何事においても、人からの指示やアドバイスだけでは、ある一定のレベルに達することはできても、その後の成長に限度がある。

“「自分でやれる選手にならないと、上に行った時に限度がある」/ 履正社 岡田龍生監督” の続きを読む

「反省は必要でも責めてはいけない」/ 前橋育英 荒井直樹監督

成長や成果を目指す上では、物事がひと段落ついた際に振り返りを行い、取り組む姿勢や挑戦の仕方、努力量が足りていたか否かなどを反省することが先決である。

“「反省は必要でも責めてはいけない」/ 前橋育英 荒井直樹監督” の続きを読む

「逆境は嫌わず、染まってしまえばいい」/ 興南 我喜屋優監督

苦労や苦戦が続き、自らが望む状況が実現できなかった場合、私たちは環境や他人のせいにして、逃げたり諦めたりしてしまいがちである。

“「逆境は嫌わず、染まってしまえばいい」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む