「悪いことがあったほうがええかも分からん」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

“「悪いことがあったほうがええかも分からん」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「選んでくれて入ってきてくれた選手を鍛えて強くするのが明徳の野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

“「選んでくれて入ってきてくれた選手を鍛えて強くするのが明徳の野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「苦しい時に土台となって支えてやれる人間になれ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

“「苦しい時に土台となって支えてやれる人間になれ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「世の中に出て通用するようなことをグラウンドで学ぶのが高校野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

“「世の中に出て通用するようなことをグラウンドで学ぶのが高校野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

努力というものに励んでも成果というものは保証されていないため、多くの人は、結果が出たことの要因を、幸運と認識してしまいがちである。

“「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

実力だけで勝敗が決まらない所に、野球の魅力があるという考えを持ち、四国の横綱、明徳義塾を指揮する馬淵史郎監督

“「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

公立高校が鎬を削る中で、私学の明徳義塾を「四国の横綱」と称されるまで育て上げた、馬淵史郎監督

数々の記録を作り、勝ち星を挙げている名将ではあるが、勝負にこだわりすぎる「勝利至上主義」の印象が強く、ファンや世間からは反感を買うことも多い。

“「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む