「メンバーになることだけが輝ける場所ではない」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

スポーツでは、試合でプレーする選手たちが勝敗に影響を大きく与えるため、勝利をした際には彼らばかりが注目されたり賞賛されるものである。

しかし、勝利という結果を作るのは、試合に出場したメンバーたちだけでなく、控えの選手や指導者、応援してくれる人たちなど全員の力である。

そのため、例えレギュラーの座を掴めず補欠になったとしても、サポートや声援などの技量以外の形でも、充分に勝利に貢献はでき活躍したとも言える。

そんな考えから智弁和歌山を指揮している中谷仁監督は、甲子園出場や全国制覇を達成するには、全員が戦力にならなければならないことを伝えている。

智弁和歌山は、一学年約10人の部員のみのため、日々の練習に一生懸命励んでいる選手は全員、3年間で一度は試合に出場させる方針を掲げている。

しかし、中には怪我によってプレーを断念せざるを得ない選手もいることから、中谷監督は選手全員が輝ける場所を提供するように心がけている。

また、控え選手たちもデータの研究やレギュラー選手の補助など、何かしらの役割を与え、努力する姿勢が見られた場合にはキチンと評価することも行っている。

役割やゴールは違えど、選手一人ひとりがチームへ貢献するといった意識を持っているからこそ、智弁和歌山は強豪校としての地位を築き続けられるのだろう。

↓中谷仁監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です