「緊張感はあって当然だが、その中でどう力が出せるかが重要」/ 中京大中京 高橋源一郎監督

どれだけ能力やスキル、実力を持っていても、それらを発揮できなければ、結果が出ることはない。

しかし、大事な場面や大舞台では、周囲からの期待や失敗できないプレッシャーがあり、思うようなパフォーマンスが出せないことが多い。

そのため、日頃から緊張感に慣れたり、克服するようなことに、取り組んでおく必要がある。

そんな考えから、中京大中京を指揮する高橋源一郎監督は、メンタル面の強化にも力を入れて、指導を行っている。

中京大中京は、部の歴史が古いだけでなく、甲子園でも様々な記録を残している、高校野球界を代表する、名門である。

従って、オールドファンやOBなどの周囲からは、常に注目を集めており、声援も大きい反面、プレッシャーも大きい。

こうしたチームの状況を知る、OBの高橋監督は、選手たちの緊張感を取り除くような言葉がけを行うだけでは足りないと捉え、日々の練習から精神面を鍛えているのだ。

もちろん、必要以上にプレッシャーをかけさせては、練習でも消極的なプレーになってしまうため、適度な緊張感を持てるような雰囲気を作るようにしている。

その結果、選手たちは大舞台でも日頃と変わらない、自分の持っている力を余すことなく発揮でき、毎年、強いチームが作れているのだろう。

中京大中京の記事はこちら。

【関連】東邦高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です