「常に挑戦し続けないと道は開けない」/ 池田 岡田康志監督

圧倒的な攻撃力を武器に、春夏3度の甲子園を制した、高校野球界を代表する名門、池田高校。

名将、蔦文也監督が作り上げた「やまびこ打線」と称される、独自の野球スタイルとともに、多くのファンから愛されている。

そんな池田高校の蔦監督の後継者として、チームの伝統を継承したのは、岡田康志監督である。

岡田監督は、蔦監督が築き上げた、幾多もの記録と比較されることが多く、指導者生活では、プレッシャーがつきものであった。

しかし、蔦監督の教えである「負けからのスタート」を合言葉に、悔しい負けや失敗を経験しても、前を向いて挑戦し続けた。

甲子園から遠ざかった際には、深刻な部員不足に悩まされるなど、チームの存続が危ぶまれた時期もあったが、与えられた状況で最善を尽くした。

そうした岡田監督の姿に、選手たちも心を動かされ、徐々に、チームには活気が戻り、戦力で劣っていても、互角以上の戦いを見せはじめた。

すると、四半世紀遠ざかっていた甲子園へ返り咲くことに成功するなど、復活の第一歩を踏み出したのであった。

蔦監督の教えを継承した、岡田監督からバントを引き継ぎ、池田高校は、新たな歴史を作ってくれるだろう。

池田高校の記事はこちら。

【関連】鳴門高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です