「勝負というものは驕ったら最後 」/ 池田 蔦文也監督

自身にもチームにも、「負けからのスタート」を合言葉として、甲子園に挑み続けた池田高校蔦文也監督

数々の成果を残しても、初心を忘れずに謙虚に努力に励む姿勢は、球史に名を刻む名将たちからも、リスペクトされていた。

そんな蔦監督だが、指導者生活の序盤は、常に困難や苦労と隣り合わせの険しい道のりであった。

蔦監督が就任した当時の高校野球界では、全国トップレベルの強豪が、同じ四国地区に多数存在していたこともあり、甲子園への切符は簡単には掴めなかった。

それでも、敗戦にめげることなく、試行錯誤を何度も繰り返したことで、伝説として語り継がれるような超攻撃型野球を完成させたのであった。

以降は、甲子園で春夏合わせて3度の全国制覇を筆頭に、記録にも記憶にも残るような大活躍を遂げたのであった。

しかし蔦監督は、結果を出せば出すほど、現状に満足をせず、勝てなかった日々の努力を思い出して原点に立返るなど、驕ることなく指導を続けた。

そうした監督の姿勢から、選手たちは、野球だけでなく、人としてのあるべき姿も学び、人間的な成長も遂げていった。

蔦監督が高校野球界残した功績とは、甲子園での勝ち星だけではなく、指導そのものでもあるのだろう。

池田高校の記事はこちら。

【関連】鳴門高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です