「甲子園の借りは甲子園で返すしかない」/ 常総学院 島田直也監督

高校野球においては、甲子園を目指す戦い方と、甲子園で勝つ戦い方は、異なるものである。

地方大会などの予選であれば、圧倒的な力を持つチームが勝ち進めるが、甲子園は技量だけでは勝てない。

勢いや流れを味方につけたり、観衆の心を掴むなど、様々な要素が重なってはじめて、勝利を手にすることができるものである。

同時に、甲子園での負けを晴らすには、甲子園に再び出場して、勝利を挙げなければ、悔しさや辛さは消えない。

そんな考えから、常総学院を指揮している島田直也監督は、甲子園を経験することが、大きな価値を生むことを伝えている。

島田監督は、選手時代に、センバツ大会での敗戦から進化をして、夏の甲子園準優勝を成し遂げると、プロ入りも果たした経験を持つ。

そのため、選手たちにも、甲子園に出場すれば、勝敗に関係なく、野球生活や人生に良い影響があるとして、鼓舞している。

もちろん、甲子園にとらわれずきたり、勝利に執着し過ぎては、教育の部分が損なわれるとして、人間性を鍛えた上での野球の指導を行っている。

甲子園から学び甲子園に育てられた島田監督に導かれる常総学院から、今後も目が離せない。

常総学院の記事はこちら。

【関連】明秀日立の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です