「必死にやって、やり切ったところには甲子園が待っとる」/ 鹿児島実業 久保克之監督

人生では普通に生活していても、涙を流したくなる困難や過酷な試練に度々出会うなど、思い通りにいかないことや、頑張っていても報われないことが多い。

しかし、諦めず前に進み乗り越えた先には、必ず笑顔で溢れるような素敵な出来事に出会えたり、自分が目指していた目標にたどり着けるものである。

もっとも、栄光への道のりは遠く険しく、決して簡単なものではないが、常に全力を尽くし必死に挑み続ければ、叶わない夢や届かない場所などはない。

そんな考えから鹿児島実業を指揮していた久保克之監督は、どんな状況でも甲子園を目標にして、練習に励むよう促し、鹿児島の高校野球の歴史を大きく変えた。

久保監督の就任当初の鹿児島実業は、歴史と伝統は蓄積されていたものの、甲子園では苦戦を強いられ、全国制覇は夢のまた夢として口にする者はいなかった。

だが、久保監督は、努力をした先には必ず成長や成果があると信じ、練習の量を増やしたり質を追求して、着実に強いチームへと育て上げていった。

もちろん、厳しいだけの指導では選手が萎縮するとして、試合時には笑顔で背中を押すことも行ったが、練習では僅かな妥協も許さず、徹底して鍛え上げていった。

努力が裏切らないことや、最後までやり抜くことの大切さなど、久保監督がチームに残した財産と意志を受け継ぎ、鹿児島実業はこれからも躍進を続ける。

↓久保克之監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です