「批判されない負け方を考えてるうちは、絶対勝てないです」/ 北大津 宮崎裕也監督

人間というものは、失敗や敗北には、マイナスのイメージがあるため、どうしても避けるようになってしまう。

また、ミスや負けを経験すると、恥ずかしさやカッコ悪さから、言い訳や弁解をしてしまう。

しかし、結果を恐れたり、現実に正面から向き合わなければ、物事が前に進むこともなければ、成長することもない。

周囲から批判を浴びたり、失笑されても、自身の信念に従い、チャレンジし続けた先にこそ、栄光がある。

そんな考えから、北大津を指揮していた宮崎裕也監督は、貪欲に挑戦する姿勢を持ち続けていた。

宮崎監督は、ミスや大敗することの怖さを回避するために、つい、消極的になっていたことがチームの弱さと考え、選手たちのチャレンジする姿勢をサポートするようにしていた。

前向きな失敗には叱らないことはもちろん、自らのサインや指示で、積極的な野球を仕掛けるなど、怖さを消すようにした。

その結果、チームは甲子園の大舞台でも、堂々と自分らしさをや持っている力を最大限に出すプレーをし、全国でも名を残すような活躍を遂げたのであった。

結果を恐れず、果敢に挑戦をする宮崎監督の教えは、北大津高校の伝統として、これからも受け継がれていく。

北大津の記事はこちら。

【関連】近江高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です