「逆境は嫌わず、染まってしまえばいい」/ 興南 我喜屋優監督

苦労や苦戦が続き、自らが望む状況が実現できなかった場合、私たちは環境や他人のせいにして、逃げたり諦めたりしてしまいがちである。

しかし、そうした逆境をいつまでも嫌っていては、物事が前に進むとこはなく、避ければ避けるほど状況は悪化していくものである。

そんな逆境に反するのではなく、敢えて染まるという独自のスタンスで指導を行っているのは、興南高校を指揮している我喜屋優監督である。

我喜屋監督は、試合の中で必ず訪れるピンチを乗り越えるための力をつけさせるために、日々の練習で、逆境との付き合い方を学ばせている。

例えば、高校野球では雨の日には、多くの学校では室内練習やボールを使わないトレーニングなどに切り替え、外での練習を諦めるチームが多い。

だが、我喜屋監督は、長靴や雨合羽を着用させ、外で練習を行わせ、ボールが滑ったり足場の悪い中でのプレーを経験させ、雨の日の試合の準備と捉え強みとしている。

どんな状況になっても、言い訳や逃げ口上を並べるのではなく、可能性や希望を探し逆境と上手く付き合い成長していく我喜屋監督の教えは、野球だけでなく人生の糧ともなるだろう。

↓我喜屋優監督の記事はこちら↓

興南高校の記事はこちら。

【関連】沖縄尚学の記事はこちら。

【関連】八重山商工の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です