「野球がうまくなって卒業するより、一人前の男になって卒業しろ」/ 広陵 中井哲之監督

センバツ大会3度の優勝に加え、幾人ものプロ野球選手を輩出し続けている、高校野球界を代表する名門、広陵高校。

しかし、チームを指揮する中井哲之監督が目的としているのは、技術の上達でもなければ、甲子園で優勝することでもなく、一人前の人間に成長させることである。

広陵高校は、専用グラウンドや選手たちが生活する寮が完備されているなど、野球に専念できる環境が整っている。

そのため、全国の舞台を夢見る中学生やプロの世界を目標にする選手たちが、毎年のように入学をしてくる。

中には、中学時代に全国から注目を集めていた選手も存在しており、彼らのほとんどが野球の成長を目指している。

だが、中井監督は、野球のうまさについては重視せず、私生活について口うるさく指導をしている。

もちろん、選手たちが大好きな野球を蔑ろにすることはないが、勝ち負けや上達以上に、一人の人間として成長させるとをモットーとしている。

事実、どれだけ技術が優れていても、学校生活に問題があったり、感謝や謙虚さというものが足りなければ、試合で起用しなかったりベンチに入れないなど徹底している。

名門という肩書きに左右され野球ばかりに拘ることなく、高校野球の根本である教育を怠らない中井監督のスタイルこそ、指導者のあるべき姿なのかもしれない。

広陵高校の記事はこちら。

【関連】如水館の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です