「選手のプレッシャーを取り除いてやることが監督の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督

野球というスポーツは団体競技であるため、どれだけ一人の選手が素晴らしい活躍をしても、仲間で協力して力を合わせなければ、勝利は掴めないこともある。

それは、例え小さなミスであっても、終わってみれば勝負の明暗を分けるプレーになっていることもあるため、選手たちは常にプレッシャーとも戦い続けている。

そのため指導者は、技術や実力を身につけさせると同時に、重圧にも耐えられるだけのメンタルを鍛えたり、なるべく精神面に負荷をかけないようなサポートなどを行う必要がある。

そんな考えから松山商業を指揮している大野康哉監督は、日々の練習で心を鍛えさせるも、試合では緊張から解放するよう言葉がけを行っている。

松山商業は全国トップレベルの実績と伝統を兼ね備えている名門校故に、大会の度にオールドファンやOBをはじめとした周囲から注目や期待を集めている。

従って、試合では独特の緊張感に襲われ、力のある選手たちであってもプレッシャーに勝てずに本来の能力を発揮できないケースが目立っていた。

そこで大野監督は、日頃の練習から緊張感に慣れさせるとともに、試合ではリラックスできるようにポジティブな言葉をかけるなどして、プレッシャーを取り除いている。

野球の勝利のための采配だけでなく、心のコントロールにも力を入れる大野監督に導かれる松山商業が、名門復活を果たす日は近そうだ。

↓大野康哉監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「選手のプレッシャーを取り除いてやることが監督の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です