「監督に勝たせてもらうんじゃなしに、『オレらが監督を甲子園に連れて行く』という気概を見せてほしい」/ 明秀日立 金沢成奉監督

名指導者という肩書きを持つ人の元には、その教えを受けようとする人が多く集う。

優れた手腕によって、自らのまだ見ぬ才能を引き出してもらえることや、最高の結果にたどり着けることが、期待できるからだ。

しかし、どれだけ結果を出している指導者であっても、受け持った全員の納得する結果へと導くことはできない。

良いアドバイスやコーチングを受けても、最後の最後は、本人が実行しなければ、効果は発揮しないからだ。

そんな考えから、明秀日立を指揮している、金沢成奉監督は、選手たちに、主体的に動くことを求めている。

金沢監督は、前任の八戸学院光星無名の存在から全国レベルにまで、育て上げたことから、高校野球界での知名度は高い。

そのため、甲子園やプロの世界を夢見る選手たちが、金沢監督の教えを受けようと、全国から集う。

だが、他人任せでは夢は叶わないとして、選手たちには、自分たちが監督を引っ張る気持ちを持つように伝え、受身から脱出するよう促している。

その結果、明秀日立は、監督に頼らないスタイルを確立し、甲子園の舞台に立つことにも、成功したのであった。

明秀日立の記事はこちら。

【関連】土浦日大の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です