「甲子園出場は目標ではあるけれど、唯一の絶対目標という考え方はしない」/ 三重 中村好治監督

高校野球に取り組む選手たちだけでなく、関わる人全てにとって、甲子園という存在は、特別なものである。

特に、選手としては、人生の中で僅かに5度しか、出場するチャンスがないため、多少の無理や無茶をしてでも、ものにしたいと考える。

しかし、未来をないがしろにしたり、大事なものを犠牲にまでして挑むことは、正しいとは言えない。

甲子園に出場を目指すことは素晴らしいことであるが、それが全てと考える必要はない。

そんな考えから、三重高校を指揮していた中村好治監督は、甲子園にこだわらない指導を意識していた。

中村監督は、学校史上初の、夏の甲子園準優勝へ導くなど、輝かしい実績を残していることから、勝つための野球がフォーカスされている。

だが、中村監督は、高校時代は大学野球へのステップ段階にあると位置づけ、 怪我をさせないことや、野球を嫌いにさせないことを意識していた。

そのため、甲子園に向かっての練習はするものの、それが全てにならないように、他の目標も見つけることを求めていた。

甲子園という存在を否定することもなければ、執着することもなく、純粋に野球の楽しさを伝えていた中村監督のスタイルは、三重高校の伝統として受け継がれていく。

三重高校の記事はこちら。

【関連】津田学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です