「怒ってばっかいないで10に1つは褒めてやることも大切」/ 日本文理 大井道夫監督

高校野球史に残る9回2死からの猛追で、新潟県勢初の甲子園準優勝を成し遂げた日本文理

かつての高校野球界で「最弱」と称されていた汚名を返上するかの如く、全国にその強さを知らしめた。

そんな当時のチームを指揮していたのは、日本文理を全国有数の強豪へと育て上げた、大井道夫監督である。

大井監督は、選手として甲子園準優勝を果たした実績があり、全国での戦い方は熟知していた。

しかし、豪雪地帯の新潟では冬場の練習に限りがあり、就任当時はそのハンデに苦しめられていた。

それでも、雪の時期には打力や体力を鍛えることに専念させるなど、伸ばせる部分を徹底的に伸ばし、カバーすることを目指した。

また、厳しく指導するばかりでなく、褒めてやる気にさせたり、認めて責任感を持たせるなど、様々なアプローチで、練習の生産性を向上させた。

その結果、選手たちは、冬場に身につけた力を、公式戦で最大限に発揮することができるようになり、チームは進化を遂げていったのであった。

引き出すことに特化した大井監督の指導スタイルは、「強打」という伝統とともに、日本文理でこれからも受け継がれていく。

日本文理の記事はこちら。

【関連】新潟明訓の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です