「勝てなくても応援した人に恥かかせるような試合にしてはいけない」/ 大崎 清水央彦監督

高校野球では、甲子園や日本一など、それぞれが目指す目標に向かって、選手たちは、一球に、一瞬に、全力プレーをする。

試合だけでなく、日々の練習から、目標を叶えることを意識し、放課後や早朝にも、努力を重ねる選手も少なくない。

ひたむきに頑張る姿勢は、仲間や保護者だけでなく、見る人全てに感動を与え、中には、ファンとなり、応援をしてくれる存在になる人もいる。

そうした状況を踏まえ、球児たちは、自分の夢のために頑張ることはもちろん、例え見ず知らずの人であっても、サポートしてくれる人を裏切らない、振る舞いが求められている。

そんな考えから、大崎高校を指揮している、清水央彦監督は、自分たちだけが満足する野球をしないように促している。

大崎高校は、長崎県の離島の公立高校であるため、島民たちから、様々な支援を受けている。

選手たちが野球に専念できる環境を整えることに島全体が協力するだけでなく、差し入れをする人もいれば、試合の度に応援に駆けつけてくれる人もいる。

こうした島民をはじめとする、大崎高校を支えてくれる人たちがいるからこそ、野球に打ち込めるのであるとして、清水監督は、勝ち負けより、恩返しの全力プレーをするよう伝えている。

自分をはじめとした、あらゆる人のための野球をする大崎高校から、今後も目が離せない。

大崎高校の記事はこちら。

【関連】創成館の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です