「与えられた状況を自分の能力と運命への挑戦と受け取り、思いっきり楽しもう」/ おかやま山陽 堤尚彦監督

人生というものは、思い通りに進まないだけでなく、過酷な試練や壮絶な苦労が幾度も訪れる。

その度に私たちは、涙を流してたり苦痛を味わうため、逃げることや諦めることを選んだりしてしまう。

しかし、試練や苦労は、自分自身を成長させるために、必然的に起こるものであるため、避けてはならない。

乗り越えた先の新しい自分に出会うために、現状を受け入れ、楽しむことが大切なのである。

そんな考えから、おかやま山陽高校を指揮する堤尚彦監督は、どんな環境にも言い訳することなく、挑むことの重要性を伝えている。

堤監督は、海外の発展途上国でのボランティアを通じて、野球に取り組めることや、日常生活がスムーズに進むことの素晴らしさを学んだ。

そうした経験から、トラブルや困難にすらも、感謝して受け入れ、その状況を楽しむスタイルを確立した。

そして、選手たちが壁に阻まれた時にも、成長するきっかけであると促し、前向きに考えさせるなど、背中を押している。

愚痴をこぼしたり言い訳に逃げることもせず、目の前の現実を愛してチャレンジを続ける堤監督に導かれ、おかやま山陽は、これからも躍進を続ける。

おかやま山陽の記事はこちら。

【関連】創志学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です