「スポーツというのは、チャンスが平等に与えられているからこそ、チャレンジすることに意味がある」/ 大阪偕星学園 山本晳監督

スポーツでは、スキルの高さや戦術の善し悪しなどが、勝敗に大きな影響を及ぼすことが多い。

しかしながら、力のある方や優れたスペックを持つ方が、必ず勝つとは限らないものでもある。

どれだけ、高い技術を持っていたり、素晴らしい戦略を考えていても、試合の際に発揮できなければ、意味をなさないからだ。

つまり、試合前に圧倒的に力の差があっても、戦ってみなければ、結果は分からないため、チャレンジせずに諦めてはならない。

そんな考えから、大阪偕星学園を率いていた山本晳監督は、先入観にとらわれず挑戦を続け、甲子園出場を果たしたのであった。

山本監督が就任した当時のチームは、甲子園出場経験はなく、府内ですらも無名の存在であった。

また、ヤンチャな選手たちも多く在籍しており、野球以前の面でのトラブルもあり、周囲からは、甲子園は全く期待されていなかった。

それでも、山本監督は、選手たちと本音で真正面からぶつかり、有り余るエネルギーを勝負強さへと変換させ、チームを強化していった。

その結果、チームは、強豪校を次々と倒し、不可能と称されていた甲子園出場の切符を掴み取ったのであった。

大阪偕星学園の記事はこちら。

【関連】履正社の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です