「勝手気ままにやるのが個性ではない」/ 仙台育英 竹田利秋監督

野球などの団体競技のスポーツであっても、チーム力だけで成績を残すことは限度があるため、ある程度は個々の力を発揮することも必要となる。

しかし、個人の力を出すことは、個性を適切な場所で発揮してチームに貢献することであって、決して自分勝手なプレーや主張をすることではない。

つまり、仲間の苦手な部分を自身長所で補ったり、自分の足りない部分を仲間に助けてもらうなどの正しい形で個性を出すことが重要である。

そんな考えから、仙台育英東北高校を指揮していた竹田利秋監督は、個性を発揮させながらもチームプレーも徹底させるスタイルで指導を行っていた。

竹田監督は、能力や才能のある選手たちがチームプレーという理屈だけで、発揮できずに無駄にならないように、頭ごなしに否定するようなことはしていなかった。

だが、個性は発揮する場所や状況を間違えると、わがままな主張や自己中心的なプレーになってしまい、チームのマイナスになるケースも少なくなかった。

そこで、野球以前に、気配りをすることの大切さや、相手を思いやる心を育ませるなどの人間教育に力を入れ、プラスになるよう正しく発揮させていた。

野球と人間教育を両立するスタイルを確立して、甲子園で東北勢の歴史を作り続けた竹田監督は、指導者ではなく教育者であったのだろう。

↓竹田利秋監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「勝手気ままにやるのが個性ではない」/ 仙台育英 竹田利秋監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です