「どんなに厳しい練習であっても、その練習が自分の力になると直接的に感じられた時に生徒はやる気を出す」/ 柴田 平塚誠監督

勝負事においては、気持ちがパフォーマンスに影響を与えるため、メンタルを強化を目指す人は多い。

気力を身につけると、苦しい場面でも動じなくなったり、プレッシャーにも屈しなくなり、持っているものを、全て発揮できるようになる。

しかし、どれだけの精神力がつくものであっても、理不尽なことや根性論では、勝負を迎える前に、支障が出てしまったり、意欲をなくしてしまう。

努力や鍛錬では、根拠や意図をキチンと把握したり、理解した上で、実践しなければならない。

そんな考えから、柴田高校を指揮している平塚誠監督は、選手たちのやりがいを意識した練習を行っている。

就任した当時のチームは、県内ですら無名の存在であり、指導歴の長い平塚監督の手腕に、期待が寄せらていた。

だが、指導者からの一方的な指導では、選手たちは力を発揮できないとして、極力指示は出さないようにし、主導権は選手たちに委ねた。

当初は戸惑う選手たちも少なくなかったが、自分で決めた練習に、自分で打ち込むことで、意識が高くなり、成長の速度も加速した。

その結果、チームは、県内の上位進出常連となるだけでなく、悲願の甲子園出場を果たすことにも、成功したのであった。

柴田高校の記事はこちら。

【関連】仙台育英の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です