「ミスしてもがっかりする必要はありません」/ 静岡 栗林俊輔監督

人生では、成功よりも失敗、勝利よりも敗北、栄光よりも挫折、の方が多く経験するものである。

その度に、悔し涙を流したり辛い気持ちになって、 再びチャレンジすることを諦めてしまう。

しかし、失敗や敗北、挫折をすることは、恥ずべきことではなく、頑張った証であり、誇らしいものでもある。

また、経験という価値が、人生の財産となるため、決してマイナスにばかり捉える必要はない。

そんな考えから、静岡高校を指揮していた、栗林俊輔監督は、ミスを前向きに捉えるよう伝え、指導を行っていた。

栗林監督は就任当初、チームが低迷期であったことから、厳しい指導で選手たちを徹底的に鍛え上げていた。

しかし、厳しいだけでは、ミスを恐れて消極的なプレーをしたり、挑戦への意欲の低下が見られたため、指導方針を改めた。

主導権を選手たちに渡し、チャレンジを後押ししたり、落ち込んでいる際にフォローをするなど、サポート役に徹したのだ。

その結果、自分の意思で次々と新しいことにトライする習慣が生まれ、チームは復活を果たし、新たな黄金期も築いたのであった。

静岡高校の記事はこちら。

【関連】日大三島の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です