「チームが同じ方向を向いているなら、一時の勝敗は関係ない」/ 早稲田実業 和泉実監督

“「チームが同じ方向を向いているなら、一時の勝敗は関係ない」/ 早稲田実業 和泉実監督” の続きを読む

「選手の考える力を鍛えることが勝利につながる」/ 早稲田実業 和泉実監督

“「選手の考える力を鍛えることが勝利につながる」/ 早稲田実業 和泉実監督” の続きを読む

「チームの仲が良いことと、良いチームワークを作ることは同義ではない」/ 早稲田実 和泉実監督

“「チームの仲が良いことと、良いチームワークを作ることは同義ではない」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「自分のやるべきことを淡々とやれる選手が強い」/ 早稲田実 和泉実監督

“「自分のやるべきことを淡々とやれる選手が強い」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「心の強さのある選手がレギュラーを勝ち取っていく」/ 早稲田実 和泉実監督

高校野球だけでなくどんなスポーツにおいても、レギュラー選手になるためには、技術の高さやスキルの数以上に、心の強さが求められる。

“「心の強さのある選手がレギュラーを勝ち取っていく」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督

高校野球では、伝統校や強豪校を指揮する際、ファンからの期待やOBからの声があり、結果を急ぎ監督主体のチームになってしまうことが多い。

“「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」

2006年

第88回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

早稲田実 (西東京代表) × 駒大苫小牧 (南北海道代表)
“「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」” の続きを読む

「いついかなるピンチでも平常の落ち着いた気持ちを持つ」/ 早稲田実業 王貞治選手

1957年のセンバツ大会で、初となる紫紺の大旗の箱根越えの快挙を成し遂げた、東京都の早稲田実業

当時、2年生ながらチームのエースを務めていたのは、初戦から準決勝までの3試合を完封するなどの活躍を見せていた、王貞治選手である。

“「いついかなるピンチでも平常の落ち着いた気持ちを持つ」/ 早稲田実業 王貞治選手” の続きを読む