「『あのときの努力が実った』とか言うけど、野球はそんな簡単なもんじゃない」/ 早稲田実 和泉実監督

結果を出すと、それまでの頑張りが報われた気持ちになり、何事にも変えられない、達成感を味わえる。

その喜びや嬉しさがあるからこそ、新しい目標や困難な壁にも、前向きにトライができるものである。

しかし、成果の要因は、努力や鍛錬だけではなく、運や実力、仲間との巡り合わせなど、様々な背景が関係している。

それらの複雑な物事が、一つとなった時にはじめて、結果が出るわけであり、ただただ汗を流せば、全てが報われる訳ではない。

そんな考えから、早稲田実業を指揮している、和泉実監督は、努力だけに依存しないよう、促している。

和泉監督は、学校史上初の夏の全国制覇へ導いた際に、力のあるチームが勝つわけではないことを学び、練習至上主義のような考え方はしない。

もちろん、努力を否定しているわけではなく、日々の練習では、与えられたことをこなすだけでなく、自分で考えて行動することを求めている。

それでも、仲間同士の助け合いが、実力以上のものを引き出すことや、観衆を味方につけることで、流れを変えられることなど、技術だけでは勝てないことを伝えている。

努力という言葉で、全てを片付けるのではなく、物事の本質を教える和泉監督に導かれ、早稲田実業は、新たな歴史を作り続ける。

早稲田実業の記事はこちら。

【関連】東海大菅生の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です