「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

努力というものに励んでも成果というものは保証されていないため、多くの人は、結果が出たことの要因を、幸運と認識してしまいがちである。

“「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

実力だけで勝敗が決まらない所に、野球の魅力があるという考えを持ち、四国の横綱、明徳義塾を指揮する馬淵史郎監督

“「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手

2年連続の出場となった1992年の夏の甲子園で、16強まで勝ち進んだ、高知県の明徳義塾高校。

当時、背番号8ながら、チームの中心投手を務めていたのは、初戦の星稜戦で松井選手に対して、「5打席連続敬遠」をしたことで注目を浴びた、河野和洋選手である。

“「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手” の続きを読む

「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手

7年連続の出場となった、2016年の夏の甲子園で、4強進出を果たした、高知県の明徳義塾高校。

当時、2年生ながらチームの中軸を担っていたのは、甲子園で満塁ホームランを放つなどの活躍を見せた、西浦颯大選手である。

“「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手” の続きを読む

「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

公立高校が鎬を削る中で、私学の明徳義塾を「四国の横綱」と称されるまで育て上げた、馬淵史郎監督

数々の記録を作り、勝ち星を挙げている名将ではあるが、勝負にこだわりすぎる「勝利至上主義」の印象が強く、ファンや世間からは反感を買うことも多い。

“「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「高校3年間、必死にやって甲子園でプレーできたことは何歳になっても自信になる」/ 明徳義塾 岸潤一郎選手

2012年の夏の甲子園で1年生ながらデビューを果たすと、その後4度の甲子園出場を果たし、「甲子園の申し子」とまで称したれた、明徳義塾岸潤一郎選手

1年夏からベンチ入りを果たすと、甲子園ではマウンドと4番打者を経験しただけでなく、投打にわたり勝利に貢献する活躍を見せた。

“「高校3年間、必死にやって甲子園でプレーできたことは何歳になっても自信になる」/ 明徳義塾 岸潤一郎選手” の続きを読む

「1-0で負けようが、100-0で負けようが、負けは負け」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

昭和57年の初出場以降春夏合わせて、甲子園で50 を超える勝ち星を挙げ、平成14年の夏の甲子園では、全国制覇を成し遂げている高知県の強豪、明徳義塾高校。 

甲子園に出場する度に上位進出を続けていることから、ファンからは、「四国の横綱」とも称されている。

“「1-0で負けようが、100-0で負けようが、負けは負け」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「日本一の練習をしたから、日本一になれるわけじゃない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

延長や逆転、サヨナラなど高校野球にはいつまでも語り継がれるであろう、「名勝負」が多数存在する。

そんなドラマチックな「名勝負」とは異なった形で現在まで語り継がれている試合がある。

1992年の夏の甲子園の星稜VS明徳義塾の一戦である。

明徳義塾を率いていた馬淵史郎監督の作戦である「松井選手への5打席連続敬遠」が物議を醸したのだ。

続きを読む