「一球にまごころを込めて野球をやらなければいけない」/ 開星 野々村直通監督

野球界には、一球に対して魂を込めるという意味を持つ「一球入魂」という言葉があるが、多くの人は、勝つためや結果を残すためのモットーとしてとらえている。

“「一球にまごころを込めて野球をやらなければいけない」/ 開星 野々村直通監督” の続きを読む

「死ぬまでにいかに自分を磨き必死に成長していくか」/ 開星 野々村直通監督

勝利にこだわり続けるあまり、周囲からは、教育の一環としての指導を行うよう、批判されたこともあった、開星高校を指揮する野々村直通監督

特に、2010年のセンバツ大会で、21世紀枠の高校に敗れ、「切腹発言」をした際には、猛烈なバッシングを浴び、一時期辞任することもあった。

“「死ぬまでにいかに自分を磨き必死に成長していくか」/ 開星 野々村直通監督” の続きを読む

「自分の意志を持つことが大事」/ 開星 梶谷隆幸選手

2006年の夏の甲子園に、4年ぶりに出場を果たした島根県の開星高校。

当時のチームで、1番遊撃手として出場していたのは、高校通算93盗塁を記録する俊足好打の切り込み隊長として注目されていた、梶谷隆幸選手である。

“「自分の意志を持つことが大事」/ 開星 梶谷隆幸選手” の続きを読む

「練習試合は『いい勉強にしようや』ではいかん」/ 開星 野々村直通監督

春夏合わせて10回を超える甲子園出場を誇り、県や地区大会では毎年優勝候補に挙げられる、島根県の開星高校。

チームの1988年の創部当時から2011年まで指揮していたのが、野々村直通監督である。

“「練習試合は『いい勉強にしようや』ではいかん」/ 開星 野々村直通監督” の続きを読む

「甲子園に出るからには強い『決意』、相応の『覚悟』を持って臨まなければならない」/ 開星 本田紘章選手

2010年の夏の甲子園で、誰もが勝利を確信した、9回表二死から、失策で逆転をゆるし、初戦敗退を喫した、島根県の開星高校。

当時、センターを守り、失策により決勝点を与えてしまったのが、本田紘章選手である。

“「甲子園に出るからには強い『決意』、相応の『覚悟』を持って臨まなければならない」/ 開星 本田紘章選手” の続きを読む