「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督

スポーツのほとんどは、勝敗や成績を競うことを目的としたルールがあるため、そういった勝負にこだわることが、何よりの面白さや楽しさとなる。

“「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督” の続きを読む

「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手

1987年の甲子園で、投打にわたる圧倒的な強さを見せ、史上4校目となる春夏連覇を達成した大阪府のPL学園高校。

当時、チームで唯一2年生ながら夏の甲子園決勝にスタメンで出場していたのは、高い守備力で注目を集めていた、宮本慎也選手である。

“「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手” の続きを読む

「昭和53年の逆転PL! あれ以来伝統は生きています!!」

1984年

第66回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

取手二 (茨城県代表) × PL学園 (大阪府代表)
“「昭和53年の逆転PL! あれ以来伝統は生きています!!」” の続きを読む

「自分がいつもやっている事を今日は相手にやられてしまいました」

1983年

 第65回全国高等学校野球選手権大会

準決勝

PL学園 (大阪府代表) × 池田 (徳島県代表)
“「自分がいつもやっている事を今日は相手にやられてしまいました」” の続きを読む

「勝てば選手の活躍、負ければ監督の責任」/ PL学園 中村順司監督

1980年代を中心に、数々の記録を作り、多数のスター選手を輩出した名門、PL学園を18年間指揮していた名将、中村順司監督

“「勝てば選手の活躍、負ければ監督の責任」/ PL学園 中村順司監督” の続きを読む

「神様は反省をさせるように失敗をさせてくれる」/ PL学園 清原和博選手

1983年の夏から85年の甲子園に5季連続出場を果たし、2度全国制覇2度準優勝を成し遂げた大阪府のPL学園

当時、チームの主軸を1年から務め、大会最多の甲子園通算13本塁打を放ったのが、清原和博選手である。

“「神様は反省をさせるように失敗をさせてくれる」/ PL学園 清原和博選手” の続きを読む

「努力を積み重ねてきたからこそ、見えない力が味方してくれる」/ PL学園 桑田真澄選手

1983年から5大会連続で甲子園出場を果たし、2度の全国制覇と2度の準優勝を成し遂げるなど、黄金時代を築いた、大阪府のPL学園

当時、チームの中心選手として、甲子園通算20勝、6本塁打などを記録し、投打にわたる活躍を見せていたのが、桑田真澄選手である。

“「努力を積み重ねてきたからこそ、見えない力が味方してくれる」/ PL学園 桑田真澄選手” の続きを読む

「苦楽を共有した経験が、強い絆となっている」/ PL学園 前田健太選手

2006年のセンバツ大会で、ベスト4に進出を果たした大阪のPL学園高校。

当時、チームを支えていたのは最速148キロのストレート、高校通算27本塁打を記録していた、前田健太選手である。

“「苦楽を共有した経験が、強い絆となっている」/ PL学園 前田健太選手” の続きを読む