「『自分のためだけに頑張る』というのには限界もある」/ 拓大紅陵 小枝守監督

「戦国の千葉」と称される激戦区にて、上位進出の常連校としての地位を確立している、拓大紅陵

夏の甲子園準優勝を筆頭に、全国でも様々な実績を残していることから、強豪校として認識されている。

そんな拓大紅陵を無名の存在から全国レベルへと育て上げたのは、日本代表チームの監督を務めた経験もある、小枝守監督である。

小枝監督は、高校野球界を代表する名門、日大三高を指導していた実績があったことから、拓大紅陵での手腕にも注目が集まった。

しかし、就任した当時の拓大紅陵は、甲子園出場の経験がなかったことに加え、選手層も日大三高程、恵まれてはいなかった。

そこで小枝監督は、部のルールやグラウンドを整備するなど、時間をかけてチームの土台を作りはじめた。

もちろん、そうした活動は野球だけにとどまらず、高校生としての当たり前を徹底させることに力を入れ、私生活や人間性を育てるようにもした。

中でも、野球を自分のためだけにするのではなく、仲間や家族など、様々な人のためにプレーするよう促したことは、後の数々の好成績へと繋がった。

小枝監督の作り上げた部の基礎と伝統を受け継ぎ、拓大紅陵は更なる飛躍を目指す。

拓大紅陵の記事はこちら。

【関連】習志野の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です