「勝つためには強い人間にならないとダメだ」/ 藤蔭 竹下大雅監督

30年近く甲子園から遠ざかっていたものの、近年復活を果たした大分の強豪、藤蔭高校。

そんな復活劇の裏には、部長としてもチームを支えていた経験を持つ、竹下大雅監督の存在があった。

竹下監督は、選手時代に甲子園出場を果たした自身の経験から、部長時代から全国に出るためのノウハウを伝えるようにしている。

中でも、強い人間になることが、野球に成果や成長をもたらすことを教えたことで、チームはレベルアップすると、甲子園出場も果たした。

しかし、翌年の冬には前任の監督が病により退く不測の事態により、急遽監督に就任するなど、チーム全体をまとめることも求められるようになった。

甲子園出場経験のある選手がチームに残っていたことに加え、前年王者の肩書きもあり、負けられないプレッシャーは計り知れなかった。

それでも、野球だけに専念するのではなく、チームの伝統である礼儀作法を重視するスタイルを継承し、横着することなく指導を続けた。

その結果、チームは夏の県大会連覇を果たし、見事2年連続の甲子園への切符を掴んだのであった。

若さから溢れる野球と教育の両方に対する情熱を持つ、竹下監督指揮する藤蔭から、今後も目が離せない。

↓川崎絢平監督の記事はこちら↓

藤蔭の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です