「日々の練習の成果を発揮することが最大の目標」/ 桐蔭学園 片桐健一監督

スポーツでは、勝敗がハッキリと決まるため、自然と結果にばかり目を奪われ、ミスや失敗があったとしても、勝利を手に入れれば、見逃されるケースは少なくない。

だが、神奈川県の名門、桐蔭学園を指揮している片桐健一監督は、試合という場所では、勝利という結果以上に、練習の成果を発揮することにこだわりを持つ。

桐蔭学園の記事はこちら。

片桐健一監督の記事はこちら。

片桐監督が就任した当時、県大会の序盤で公立高校に負けるなど、かつて全国制覇を成し遂げ、甲子園常連校と称されていた姿は、そこにはなかった。

そんなチームの復活のために最初に取り組んだのは、一球、一振をはじめとした、練習のワンプレーに対してこだわることであった。 

練習では、失敗やミスをしても、やり直しや修正のができるため、自然と目の前の結果に対して深く考えずに、一球を無駄にすることが少なくなかった。

しかし、その甘さが試合での「」となり、勝負所で勝ちきれない弱さともなっていたことを反省し、練習に取り組む意識の改革を行った。

ミスが起これば、やり直しを選択するのではなく、なぜミスが起きたかを考えさせ、場合によってはプレーを中断して、部員たちで話合わせることもある。

原因を追求することで、自然と失敗のパターンやミスが起こる状況が把握できるようになり、互いにカバーし合ったり、呼びかけ合うなどの、事前の準備がてぎるようにもなった。

また、試合では、練習で身につけた能力を全て試合で出し切ることを目標に掲げ、練習同様、目の前の一球に集中さえすれば、必然的に勝利できるものだと伝え、勝敗を必要以上に意識させるのをやめた。

その結果、勝ちに対しての変な力が入らず、集中力も維持ができるようになり、チームも全国大会の舞台へ返り咲くことができたのであった。

【関連】横浜高校の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

【関連】慶應義塾の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です