「気持ちは技術を上回る」/ 東海大菅生 若林弘泰監督

どんな物事も、いくらスキルやスペックを磨いても、それらを発揮できなければ、上手くいかない。

特に、勝負の世界においては、相手に脅えたりプレッシャーに翻弄されては、どれだけ力があっても勝利は掴めない。

絶対に負けないという強い思いや、自分の持っている力を信じる姿勢が、求められている。

そうした事情から、東海大菅生を指揮している若林弘泰監督は、精神面を鍛えることにも、力を入れている。

若林監督は、厳しい指導が見直されつつある現代のスポーツ界において、敢えてスパルタなスタイルで指導をしている

そこには、優しさばかりでは、選手たちの本物の実力が身につかないという持論があるからだ。

また、苦しい環境に身を置くことで、自然とメンタルが鍛えられ、持っている力やそれ以上のものが試合で発揮できることも踏まえ、嫌われることを恐れず貫いている。

その結果、力では劣る相手にも、互角以上の闘いを繰り広げることができ、全国有数の強豪としてのポジションを確立できたのであった。

小手先の技術だけに頼らず、根本の心から強くする若林監督に導かれ、東海大菅生はこれからも躍進を続ける。

東海大菅生の記事はこちら。

【関連】日大三高の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です