「特別なことをやらずに、1球を大事にする」/ 土浦日大 小菅勲監督

高校野球だけでなく、何事も高いレベルを目指す上では、高度なスキルを取得することや優れた技を身につけることの必要性を感じ、それらに時間を割くことも多い。

しかし、高いレベルで活躍する人々は、基礎や基本といった当たり前のことを完璧にこなせる力を持っているだけであり、決して何か特別な能力を持っているのではい。

つまり、派手さや面白さはなく地道ではあるが、 誰もができる普通のことを徹底していくことが、結果的にレベルアップや成果に繋がるのだ。

そうした考えから、高いレベルの野球ではなく、目の前の一球から集中する野球を求めているのは、土浦日大を指揮している小菅勲監督である。

小菅監督は選手時代に、特別なことをせずに基礎や基本、一球に集中して取り組んだことで、全国制覇を成し遂げられたことから、教え子たちにも同様のことを求めている。

そのため、小さなプレーでもミスがあれば、原因を追求させたり防ぐ術やカバーの仕方などの答えを考えさせるなど、日頃から一球を大切にする癖をつけさせている。

どんな一球も無駄にしない、まさに一球入魂の野球で、土浦日大とっては初の、小菅監督としては二度目となる全国制覇へ向けて、挑戦を続けている。

↓小菅勲監督の記事はこちら↓

土浦日大の記事はこちら。

【関連】常総学院の記事はこちら。

【関連】明秀日立の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です