「バットを振らないとドラマは始まらない」/ 宇部商業 玉国光男監督

挑戦というものには、失敗やミスが付き物であるため、そうしたリスクをに恐れたり現状から悪化することに脅え、チャレンジを躊躇ってしまう人は多い。

しかし、挑戦した後には、成果を手に入れられたり、成長した自分に出会えることに加え、例え失敗に終わっても経験値というかけがえのない財産も残る。

また、挑戦しないままでいることも、世間の流れから取り残されたり、持っている能力が退化してしまうなど、いくつものデメリットに出会うことになる。

そんな考えから、宇部商業を指揮していた玉国光男監督は、選手たちのチャレンジ精神を後押ししたり、挑戦することの大切さを伝え、指導を行っていた。

玉国監督は、選手たちのやる気を奪わないように、レギュラーや補欠に関係なく、全員に役割を与えて責任を果たすことでやりがいを感じさせていた。

だが、成長途中で未熟な高校生には、完璧を目指すよう促しながらも、失敗やミスに対しては頭ごなしに叱るようなことはせず、努力量を評価するようにしていた。

また、失敗やミスが新たなチャレンジの足枷となることを防ぐために、挑戦したことを誉めたり、挑戦しようとする姿勢をサポートすることも行っていた。

積極的に挑戦を続け、失敗からも何かしらを学び、本物の実力を身につけていく玉国監督の指導スタイルが、宇部商業の強さを支えていたのだろう。

↓玉国光男監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です