「人間性を磨くことが、勝つことの一番の近道」/ 浦和学院 森士監督

スポーツでは、スキルを向上させたり、ノウハウをたくさん学ぶことで、勝利の可能性が高まる。

そのため、日々の練習では、技術をレベルアップさせることに力を入れたり、戦略を考えることに、時間を割く傾向にある。

しかし、どれだけ優れた技術や戦略を持っていても、それを発揮させることができなければ、勝つことはできない。

どんな状況でも、持っている力を全て出せる力があってこそ、スキルやノウハウは、効果を発揮してくれるのである。

そんな考えから、浦和学院を指揮していた森士監督は、野球以上に、人間性を鍛えることに力を入れていた。

森監督は、高い指導力で、全国トップレベルの地位を確立するも、日本一の壁には何度も阻まれていた。

そこで、野球を教えるだけでなく、学校や寮生活を含めたあらゆる場面で、人間性を育てる指導を強化した。

当初は、戸惑う選手たちもいたが、人として成長することで隙が生まれなくなったり、プレッシャーにも動じず、プレーできるようになり、チームは、悲願の全国制覇も果たしたのであった。

一見、遠回りに思える、人間形成を妥協ることなく行った森監督のスタイルは、チームの伝統として受け継がれていく。

浦和学院の記事はこちら。

【関連】花咲徳栄の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です