「苦しみを突き抜けた時、見違えるように強くなる」/ 山梨学院 吉田洸二監督

自分の好きなものや得意なものであっても、長い時間取り組んでいれば、課題や悩みに直面し、辛さやしんどさといった感情を味わうものである。

しかし、そうした苦しさから逃げずに、コツコツ努力を重ねて乗り越えた際には、大きな成果を手に入れることができたり、成長というものも出逢えたりする。

そんな考えを持ち、選手たちの試練を乗り越えられるサポートを行い強いチームを作り上げているのが、山梨学院を指揮している吉田洸二監督である。

吉田監督は、練習の中にしんどいメニューや辛いトレーニングを取り入れたり、精神面を鍛える合宿を行うなどをしているが、やらされた状態では効果がないとして強制をすることはしない

特に、合宿やオフの期間に大規模に行う過酷な練習では、怪我の可能性が高まるため、無茶や無理をさせず、積極的に休養日を設けるなどもしている。

また、苦しい練習を課す上では、信頼関係が必要として、日頃からコミュニケーションを交わしたり、監督自ら練習の雰囲気を明るくすることを行うなど、練習外の部分にも力を入れている。

苦しみの先にある強さを目指しながらも、根性論やスパルタではなく、選手たちに適した指導で横着をしない吉田監督の手腕から、今後も目が離せない。

↓吉田洸二監督の記事はこちら↓

↓野村健太選手の記事はこちら↓

山梨学院の記事はこちら。

【関連】東海大甲府の記事はこちら。

【関連】清峰高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です