「人が喜ぶことをしっかりやろう」/ 横浜隼人 水谷哲也監督

野球というスポーツは、団体競技であるため、一人だけ力や能力が優れていても、勝てないものである。

その一方で、個人のミスを仲間がカバーしたり、足りたい部分を互いに補い合うことができれば、勝利を掴めることがある。

そのため、日頃の練習から、自己中心的なプレーをするのではなく、支え合う精神を築いていく必要がある。

そうした野球の利点を生かすために、横浜隼人を指揮している水谷哲也監督は、多い時で100人を超える部員が在籍していても、チームプレーに拘っている。

水谷監督は、就任して間もない頃に、全国トップレベルの強豪が集う、激戦の神奈川県や関東を勝ち抜くには、一人の技術だけでは難しいことを学んだ。

そこで、個人の技量で勝負することをやめ、一球に全員で取り組むような、組織力野球をチームの柱とし、フォローアップを学ばせるようにした。

もちろん、支えることや助け合うことは、口で説明するだけでは伝わらないこともあるため、大会の運営補助や清掃活動に参加させ、実際に人から喜ばれたり感謝される経験を積ませている。

その結果、支え合いや助け合い、仲間の大切さを深く理解でき、高いレベルの全員野球が実践できるようになり、チームは悲願の甲子園出場も果たしたのであった。

チームスポーツの特徴を最大限に活かし、全員で戦う横浜隼人の野球から、今後も目が離せない。

横浜隼人の記事はこちら。

【関連】桐蔭学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です