「コツコツと積み重ねることなしには奇跡は起きない」/ 横浜隼人 水谷哲也監督

常識や予想を覆すような奇跡とは、圧倒的な量でなおかつ正しい努力を欠かさず続け、最後まで諦めない気持ちを持っている人が起こす必然である。

しかし、人々は、そういった現実を目の当たりにすると、その大きさや凄さに意識をとられ、過程の部分には触れることなく、偶然の二文字で片づけてしまう。

そんな奇跡と称される必然を呼び込むために、小さな鍛錬を積み重ねるよう指導しているのは、横浜隼人を指揮している、水谷哲也監督である。

水谷監督は、日々の練習や生活態度の集大成が試合の結果になるとして、グラウンド内外に関係なく、真剣に取り組むことを求めている。

しかし、当初は、礼儀作法や掃除など、野球の技術に関係のないことに対しても、時間をかけている水谷監督のスタイルを、周囲はなかなか理解してくれず、「だから勝てない」という批判すらもあった。

それでも、何事にも懸命に励む姿は、多くの人々の心を動かし、 試合での応援に変わったり、選手たちの自信になるなど、プラスに働くことは多いとして、ぶれることなく続けている。

奇跡という必然を起こさせるための準備として、あらゆる努力に汗を流す横浜隼人が、甲子園を沸かせる日は、そう遠くはないだろう。

↓水谷哲也監督の記事はこちら↓

↓今岡一平選手の記事はこちら↓

横浜隼人の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です