「指導者のアイデアなくして、勝利には結びつかない」/ 横浜 渡辺元智監督

指導者という仕事をする上では、教える物事を過去に経験をしていたり、精通していることが望ましいとされている。

自らの経験をベースに言葉をかけたり、たくさんの引き出しから様々な方法を伝えることができれば、相手の力を引き出せる可能性が高まるからだ。

しかし、どれだけ結果を残しても、既存の考え方や概念にとらわれていては、成長は止まり、酷い場合には退化してしまう。

それを防ぐためには、常に新しい方法を試したり考えるなど、アップデートし続ける姿勢を持つ必要がある。

そんな考えから、横浜高校を指揮していた渡辺元智監督は、「名将」と称されても、学ぶ姿勢を持ち続けている。

渡辺監督は、チームを全国トップレベルの強豪に育て上げるだけでなく、幾人ものプロ野球選手も育て上げていることから、高校野球史の指導者からリスペクトされている。

しかし、自らの成績に満足することなく、選手たちのためになることを探し、更なる高みを目指し続けていた。

還暦を過ぎても、良いと聞く指導方法を学習するために、遠方に足を運ぶこともあれば、ライバル校であっても、自身の培ってきたアイデアは積極的にシェアをすることもあった。

渡辺監督の謙虚に学び続ける姿勢は、選手たちの心を動かすだけでなく、高校野球界の指導者たちにも、素晴らしい影響を与えた。

横浜高校の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です