「運を引き寄せるために、やるべきことを怠らない姿勢が大切」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

球史の記録にも記憶にも残るような試合を、幾度も甲子園で見せている名門、智弁和歌山

強力打線で圧倒することもあれば、僅かなチャンスから大逆転劇を演じることもあり、多くのファンの心を掴んでいる。

そんな智弁和歌山の野球部黎明期から、チームを育て上げ、全国トップクラスの強豪にまで成長させたのは、高嶋仁監督である。

選手たちを熱血指導で心身ともに鍛え上げると同時に、自らにも厳しいノルマを与えて努力を続けた結果、平成の時代の甲子園で最も勝利を挙げた監督となった。

だが、高嶋監督の指導者生活は、決して順風満帆なものではなく、試練の連続であった。

圧倒的な練習量で鍛えても、全国レベルのチームが集う県や地区は簡単には勝ち抜けず、

悲願の甲子園の舞台でも勝利の女神は簡単には微笑んでくれなかった。

それでも、いつ訪れるか分からないチャンスを掴み損ねないように、自身やチームができる最大限の努力に励み続けその時を待った。

こうした、険しい道のりを耐え忍ぎ歩き続けたからこそ、高嶋監督智弁和歌山は、全国に名を馳せるまでに至ったのであった。 

智弁和歌山の記事はこちら。

【関連】市立和歌山の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です