「自分のためではなく、誰かのためにという思いで心が一つになれば、負けにくいチームがつくられる」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

平成の時代に大躍進を遂げ、今や高校野球界を代表する名門としての地位を築いている、大阪桐蔭高校。

そんな大阪桐蔭には、毎年全国各地から、トップレベルの技術や能力を持った選手たちが入学している。

そのため、世間からは「エリートの寄せ集め」と認識され、勝って当たり前とした目で見られることも多い。

だが、個人のスキルやスペックがから勝てるほど、高校野球や甲子園は甘いものではない。

そうした事情からチームを指揮する西谷浩一監督は、技にばかり頼るのではなく、強い気持ちを持つことを求めている。

これは、日頃の僅かな意識や思いの差が、勝負の明暗を分ける大事な場面に、影響するという自論からだ。

もちろん、気持ちというものは、困難や試練に阻まれた時には低下したり失ってしまうこともあるため、自分のためだけの野球をしないよう促している。

チームメイトや支えてくれる家族、応援してくれる人々など、誰かのためにという姿勢を持てば、より良いモチベーションとなるからだ。

自分以外の大切な人のために野球をするスタイルで、大阪桐蔭西谷監督は、更なる飛躍を目指す。 

大阪桐蔭の記事はこちら。

【関連】履正社高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です