「何かを成し遂げるためには1つ1つを準備して、きちんとこなしていかないといけません」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

人は誰しも、苦労や困難などとは出会すことなく、スムーズに栄光へ辿り着きたいと考えるものである。

しかし、現実では、栄光への道のりは険しく、幾多もの試練や苦痛が、待ち受けているものである。

また、他者より大きなハンデがあったり、自分にだけトラブルが発生するなど、道中に甘えは通用しない。

そのため、目標から逆算をして、何事にも動じないメンタルやスキルを、身につけていかなければならない。

そんな考えから、学法石川を指揮している、佐々木順一朗監督は、準備力の大切さを伝えている。

佐々木監督は、前任の仙台育英では、のびのび野球というスタイルを確立し、2度も甲子園準優勝へ導いている。

従って、周囲からは、自主性が評される一方、放任している部分もあると、認識されることも少なくない。

だが、佐々木監督は、選手たちに主導権を委ねながらも、口酸っぱく準備することの大切さを説き、そのフォローやサポートを丁寧に行うなど、決して任せっきりではない。

選手たちを自立させながらも、手を抜くことなく、アシストする佐々木監督に導かれ、学法石川は新たな歴史を作る。

学法石川の記事はこちら

【関連】聖光学院の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です