「いくら洗練されて技術が秀でていても、本物のたくましさには粉砕されます」/ 帝京 前田三夫監督

スポーツでは、日々の練習によって技術を育てることで、勝利というものに近づく可能性が高まる。

そのため、周りより持って生まれた力が優れていても、それに甘えることなく、向上心と精進する姿勢を持ち続けなければならない。

しかし、どれだけ技術が高くとも、それを出し惜しむことなく、発揮することができなければ、意味をなさない。

緊張感やプレッシャーのある中でも、自分のベストを尽くせるような、たくましい精神力が必要である。

そんな考えから、帝京高校を指揮していた前田三夫監督は、心身ともに鍛え上げることを目指していた。

前田監督は、選手たちを鋼の肉体に仕上げ、パワー型野球のチームを、幾多も作り上げていたことから、技術指導に定評がある。

だが、厳しい練習や過酷なトレーニングを課していたのは、決して、スキルや身体を鍛えるためだけではなかった。

その過程で、強い心を育て、甲子園などの大舞台でも動じない精神力を身につけさせていたのだ。

上手さではなく、強さを武器とさせ、野球人としてではなく、一人の人間として戦わせていたからこそ、帝京は全国屈指の強豪としてのポジションを確立できたのだろう。

帝京高校の記事はこちら。

【関連】関東一高の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です